外国人を採用する際に必要な雇用契約書の内容と身元保証書

日本語能力に長け、スキルを有した外国人でもはじめて日本で働く場合は、日本の常識やビジネスルールを正確に把握できていない場合がほとんどです。そこで外国人を雇用する際に重要になってくるのが雇用契約書と身元保証書。外国人が安心して働くことができる環境整備の一環であり、企業にとってはトラブルなどのリスクを回避するためにも、必ず押さえておきたいポイントです。

雇用契約書は外国人の母国語で作成

日本語が堪能な外国人を採用する場合「日本語の雇用契約書でも大丈夫」と思ってしまいがちですが、なるべく雇用契約書は外国人の母国語で作成するようにしましょう。たとえ日常会話に問題がないレベルの外国人でも雇用契約書など専門用語を使った書面を完全に理解するのは難しいケースが大半。契約を締結したとしても、企業、雇用者双方に後々問題が起こるというケースも少なくありません。

外国人採用にはそれなりのコストがかかりますから、企業としてはなるべく長く働いてほしいところ。離職や訴訟問題、企業イメージを損ねてしまうリスクを考えると雇用契約書は外国人の母国語で作成した上で口頭でもしっかり説明を行います。

雇用契約書の内容は過不足なく端的に

外国人の場合、雇用契約書の記載事項以外のルールや仕事を依頼した場合、拒否あるいは追加報酬を要求されるケースもあります。そのため、雇用契約書には契約期間、給与額、就業時間、就業場所、解雇、退職、業務内容、休暇など、必要な情報を網羅するだけでなく、外国人が理解しやすいように端的に記載するようにしましょう。

身元保証書を提出してもらう

身元保証人とは外国人の滞在費、帰国旅費、日本の法令遵守を保証する日本人もしくは日本に在住している外国人で、その証明書類が身元保証書となります。この身元保証書は必須でこそありませんが、外国人雇用の経験が少ない企業の場合は採用条件の一つとしておいた方が安心です。身元保証人は雇用者に何かトラブルが起きた際に連絡を取り合うことができますし、損害賠償の責任が問われる立場でもあります。万が一のトラブルを回避するためにも外国人を採用する場合は身元保証書を依頼するようにしましょう。

まとめ

外国人を採用する場合の雇用契約書と身元保証書は、外国人を雇用する会社のリスクを減らすためにとても重要な役割を担います。ちなみに夢グローバルでは採用時の雇用契約書や条件についてもアドバイスを行っておりますので、これから外国人採用を強化していくという方は、お気軽ご相談ください。

ーーー

夢グローバルでは国際人材の採用に必要な業務をワンストップで提供いたします。外国人雇用を検討中の方はお気軽にお問い合わせください。

夢グローバルへのお問い合わせはこちら>>